メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

インタビュー・最前線

高松コンストラクショングループ・吉武宣彦社長

東京で知名度向上を M&A、攻めの展開

 高松建設と青木あすなろ建設を核とする高松コンストラクショングループ(本社・大阪市淀川区)が今年10月、創業100年を迎える。さまざまな得意分野を持つ企業のM&A(合併・買収)で建設業の「専門企業集団」を形成してきた。吉武宣彦社長(64)は「今後も攻めのM&Aを進め、首都圏に力を注ぎたい」と話す。【聞き手・藤原規洋】

 --関西では「高松建設」の名前が浸透してます。

この記事は有料記事です。

残り1431文字(全文1633文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 本当に空いてなかった? 桜を見る会名簿廃棄「5月9日のシュレッダーの怪」を追う

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  4. 「桜を見る会」の飲食物提供を毎年受注 ジェーシー・コムサはどんな会社なのか

  5. 17歳少女を無免許運転で逮捕 同乗者4人死傷 福岡県警

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです