メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街の記憶

駅いまむかし 小田急・京王線 下北沢駅 夢集う何かがある街

現在の駅南口に立つ下平さん(中央)。南口は整備の一環で今年度中に取り壊される

 小田急線が地下化し、今も周辺整備が進む下北沢駅。変貌を止めない駅前で、下平(しもだいら)憲治さん(55)は「人がワイワイ、ガヤガヤ集まる雑多なシモキタを守っていきたい」と笑みを見せた。

 進学のため1980年に18歳で上京。改札を出ると、小さなマーケットが路地にひしめいていた。音楽少年だった下平さんは「シモキタはジャズの流れるニューオーリンズみたいな街」と思い込んでいた。そんな幻想は早々に砕け散ったが、ごった煮のような街には「カッコいい連中がいっぱいいた」と言う。

 新宿や渋谷に近く、沿線は大学も多い。老舗ロックバー「Never Never Land」などに、音楽…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  2. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  3. 「自分の息子信じたい」被告の両親通報せず 妹は通報提案 野田・女児虐待死
  4. いだてん 孝蔵役の森山未來が金原亭馬生と古今亭志ん朝も演じ分け 語り含め1人4役に視聴者衝撃
  5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです