メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食物アレルギー

食品表示「よく見て」 子供ら学ぶ 茨木 /大阪

食品表示で使われる漢字について説明する大森真友子代表(奥右)=大阪府茨木市内で、関野正撮影

 食物アレルギーのある子供たちが、食品表示の見方について学ぶ催しが27日、茨木市内であった。市民団体の「食物アレルギーと共に生きる会」(事務局・吹田市)が主催し、4~10歳の約20人が参加した。

 会の代表の大森真友子さん(42)が、食品表示で義務づけられている▽卵▽乳(にゅう)▽小麦▽そば▽落花生(らっかせい)▽かに▽えび--の7品目について、イ…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジノ法成立 それどころでは…被災地では嘆きの声
  2. 雑記帳 日本薬科大(埼玉県伊奈町)は、人気ラーメン店「麺屋武蔵」と共同開発した…
  3. イスラムが見る現代科学 神と火星と進化論/1 UAE、2117年移住計画 宇宙の断食、どうする?
  4. トランプ米大統領 モンテネグロ守れば「第三次大戦」 NATO集団防衛義務、疑問視
  5. 京急 駅名が「北斗の拳」仕様に 「かぁまたたたたーっ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]