メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

食物アレルギー

食品表示「よく見て」 子供ら学ぶ 茨木 /大阪

食品表示で使われる漢字について説明する大森真友子代表(奥右)=大阪府茨木市内で、関野正撮影

 食物アレルギーのある子供たちが、食品表示の見方について学ぶ催しが27日、茨木市内であった。市民団体の「食物アレルギーと共に生きる会」(事務局・吹田市)が主催し、4~10歳の約20人が参加した。

 会の代表の大森真友子さん(42)が、食品表示で義務づけられている▽卵▽乳(にゅう)▽小麦▽そば▽落花生(らっかせい)▽かに▽えび--の7品目について、イ…

この記事は有料記事です。

残り262文字(全文436文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票を山本太郎票に 富士宮市選管が集計ミス 職員の思い込みで 静岡
  2. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  5. ORICON NEWS 松本人志“芸人仲間”に呼びかけ「プロ根性で乗り越えましょう」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです