メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ランキングで奈良学

県民と日本茶 「ひととき」を楽しむ /奈良

 今回はランキングから奈良県と日本茶について見ていくことにしましょう。

 京都の宇治茶が近いこともあって全国的にあまり知られていませんが、奈良県産の大和茶は実に1200年の歴史を持っています。弘法大師が唐から持ち帰った茶の種を現在の宇陀市付近で植えたのが始まりと伝わっています。

 大和茶が作られている大和高原は、寒暖の差が大きく、霧が多いことから茶栽培に最適です。うまみや渋み、コクが程よく混じる銘茶を生み出しました。

 ところが鎌倉時代以降、宇治茶のブランド名が一気に全国に広がったために、奈良産のお茶も宇治茶の名で流…

この記事は有料記事です。

残り783文字(全文1041文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 神戸・教諭いじめ 兵庫県警が加害教諭から任意聴取 暴行容疑など立件できるか判断へ

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです