メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ランキングで奈良学

県民と日本茶 「ひととき」を楽しむ /奈良

 今回はランキングから奈良県と日本茶について見ていくことにしましょう。

 京都の宇治茶が近いこともあって全国的にあまり知られていませんが、奈良県産の大和茶は実に1200年の歴史を持っています。弘法大師が唐から持ち帰った茶の種を現在の宇陀市付近で植えたのが始まりと伝わっています。

 大和茶が作られている大和高原は、寒暖の差が大きく、霧が多いことから茶栽培に最適です。うまみや渋み、コクが程よく混じる銘茶を生み出しました。

 ところが鎌倉時代以降、宇治茶のブランド名が一気に全国に広がったために、奈良産のお茶も宇治茶の名で流通した時代が長く、大和茶はすっかり陰に隠れてしまいました。最近ようやく大和茶の良さが見直されてブランド名として知られるようになりました。

この記事は有料記事です。

残り715文字(全文1041文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 報道は「密」を演出したのか カメラマンから見た「圧縮効果」批判と撮る側の悩み

  2. 「重症者、死者がさらに増える」 研究者が警告する「危うい状況」と必要なリセット

  3. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  4. ORICON NEWS 吉川ひなの、第3子妊娠を報告「5人家族になることになりました!」

  5. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです