メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

諫早駅再開発ビル

起工 2020年度完成、新幹線効果に期待 /長崎

 2022年度開業の九州新幹線長崎ルートに合わせた諫早駅東地区再開発ビルの起工式が26日、諫早市の現地であり、関係者約40人が出席した。ビルは諫早市の発注で全体完成は20年度の予定。新幹線効果に伴う地域振興の中核の施設として期待されている。

     着工したビル内の1工区は駅舎の東側に隣接し、3階建て延べ約1600平方メートル。島原鉄道駅や交流広場が入り工事費約10億7000万円。来年度着工の2工区にはホテルや商店が入居する。更に北隣には、民間発注の16階建てマンションが建設される計画。式で宮本明雄市長は「市の百年の大計が始まった。諫早の将来を左右する大工事になる」とあいさつした。【中尾祐児】

    〔長崎版〕

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 日産会長逮捕 ゴーン神話「数字の見栄え良くしただけ」
    2. ゴーン会長逮捕 日産社長「私的流用、断じて容認できない」 会見詳報(1)
    3. 全国高校サッカー 県大会 西京、5年ぶり全国切符 高川学園の猛攻しのぐ /山口
    4. 高校野球 誤審で甲子園行き明暗…終了一転逆転 岡山大会
    5. 日産 ゴーン会長を解任へ 「会社資金を私的に流用」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです