選挙

茨城県知事選 知事に自公系 大井川氏、橋本氏の7選阻む

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 任期満了に伴う茨城県知事選は27日投開票され、自民、公明両党が推薦する新人で元IT企業役員の大井川和彦氏(53)が、7選を目指した現職の橋本昌氏(71)と、共産党などが推薦する新人のNPO法人理事長、鶴田真子美氏(52)を破り、初当選した。自民党は7月の東京都議選で惨敗し、同月の仙台市長選でも与党系候補が敗れるなど地方で逆風にさらされてきたが、今回は踏みとどまった。投票率は43・48%(前回31・74%)だった。

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文505文字)

あわせて読みたい