メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラク

モスル郊外500遺体 IS、住民虐殺か

 【カイロ篠田航一】過激派組織「イスラム国」(IS)の最大拠点だったイラク北部モスル郊外の村で、計約500人の遺体が見つかった。イラク軍が25日発表した。遺体の多くは、イスラム教スンニ派を自称するISが敵視したシーア派住民や少数派ヤジディー教徒とみられる。イラク軍はISが虐殺したとみて調べている。

 遺体が発見されたのはISが刑務所にして…

この記事は有料記事です。

残り238文字(全文407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 東京、コロナの警戒レベルを最高に 「感染拡大」 小池都知事、緊急記者会見へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです