メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
地元の人に愛されてきたお店に立つ関戸扶美子さん=東京都世田谷区で

「女の気持ち」ダイジェスト

 肩書が会社員から自営業になって丸10年。祖父が作り、叔母や両親が営んで残してくれた化粧品屋だ。10年の月日は大きく、亡くなったお客様もいる。新しいお客様を作らなければいけないが、なかなか根付かない。これからの10年は、今までとは違うことを考えていかなければ。<2016年6月9日東京本社版掲載 「これからの10年」>

この記事は有料記事です。

残り1910文字(全文2082文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「最古のポルシェ」売れず 18億円申し出あったが…米競売

  2. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  3. 「何するんですか」容疑者逮捕に抵抗 あおり運転 逮捕の女も叫び騒然

  4. ガソリン詰め替え「法的規制難しい」 京都市、身元確認の効果検証 京アニ放火

  5. 犯人蔵匿・隠避容疑で51歳女逮捕 あおり運転 逮捕の男は暴行認める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです