メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地元の人に愛されてきたお店に立つ関戸扶美子さん=東京都世田谷区で

「女の気持ち」ダイジェスト

 肩書が会社員から自営業になって丸10年。祖父が作り、叔母や両親が営んで残してくれた化粧品屋だ。10年の月日は大きく、亡くなったお客様もいる。新しいお客様を作らなければいけないが、なかなか根付かない。これからの10年は、今までとは違うことを考えていかなければ。<2016年6月9日東京本社版掲載 「これからの10年」>

この記事は有料記事です。

残り1910文字(全文2082文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 総務省 携帯料金、大容量で東京が最高額 世界6都市比較
  2. 安室さんコンサート 療育手帳提示で入場できず 返金へ
  3. 仙台 交番で警官刺され死亡 襲撃の男、別の警官が射殺
  4. 仙台・警官刺殺 死亡の男は21歳大学生
  5. 仙台・警官刺殺 刃渡りは20cm 「現金拾った」と訪問

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです