メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サーフィン

全日本選手権 メン、小川が初V ウィメンは山田

序盤に高得点を挙げメンで初優勝を決めた小川

 2020年東京五輪の追加種目となったサーフィンの全日本選手権は最終日の27日、静岡県磐田市の豊浜海岸であり、メン(19~34歳男子)の決勝は東海大1年の小川葉良(はいら)=湘南藤沢=が12・25点で初優勝した。ウィメン(19~34歳女子)の決勝は初出場の山田麻由美(静岡伊豆)が制した。

序盤に高得点 東京へステップ

 序盤の高得点で勢いに乗った小川が初優勝を飾った。「言葉にできないほどうれしい」と仲間と抱き合い、喜び…

この記事は有料記事です。

残り314文字(全文523文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 梅宮辰夫さん死去 やくざ映画に欠かせない存在 6回のがん手術

  2. 訃報 時代劇「遠山の金さん」 俳優の松方弘樹さん74歳

  3. 俳優の梅宮辰夫さん死去 81歳 「仁義なき戦い」

  4. ORICON NEWS 松方弘樹さんの息子・仁科克基、父の“親友”梅宮さん追悼「親父と天国でまた大好きな釣りを2人で」

  5. 桜を見る会 福岡市長、5年連続出席 招待理由は「把握せず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです