メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠い復興

東日本大震災6年半 石巻・開成仮設から/上 仲間作り「また一から」 団地集約、余儀なく転居

入居者が減り、雑草の生い茂った仮設開成住宅団地。孤立防止や安全上の問題を理由に、プレハブ仮設団地の閉鎖、集約が進んでいる=宮城県石巻市で、喜屋武真之介撮影

 プレハブ仮設住宅の狭い部屋には、テレビや座卓といった最小限の生活用品しかない。床にちょこんと正座する千葉ちえ子さん(73)がより小さく見える。宮城県石巻市にある被災地最大規模の仮設開成住宅団地の入居者が減り、市が進める移転集約のため近くの南境団地に転居を余儀なくされた。同じように別の仮設から移ってきた人が集まる新たな暮らしも2カ月が過ぎた。住民と顔を合わせることは、ほぼ無い。テレビの小さな音だけが居間に漂う。千葉さんがぽつりともらした。「また、一からです」

 石巻市雄勝町で海と山に囲まれて育った。夫は30代で病死し、1人で子供2人を育てた。東日本大震災のあの日、自宅前で黒い津波に襲われ、溺れながら木の枝につかまり、山にはい上がった。長男(当時41歳)は市内の職場から車で避難中に津波にのまれた。開成団地に1人で入居したのは、その年の夏だった。

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1332文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「それ誘拐かも?!」愛知県警、投稿者に警告 小中学生の神待ちツイート後絶たず

  2. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  3. クルーズ船の乗客2人死亡 新型コロナ感染確認の80代の男女

  4. ORICON NEWS 『こち亀』日暮熟睡男の特番、AbemaTVで配信決定 4年に1度“目覚める男”再び

  5. 福岡市の60代男性が新型コロナ感染 九州で初確認

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです