メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

地域医療を考える

認知症の周辺症状 徘徊や暴言、抑うつ状態 寄り添うケアで改善 家でも生活リズム整えて

 認知症患者と予備軍(軽度認知障害=MCI)を合わせるとすでに1000万人を超えているとする研究者もいる。患者の行動や言動をスタッフが全肯定することで、暴言や徘徊(はいかい)などの症状を改善して、穏やかな生活を送れるようにしている橋本病院(三豊市山本町)の橋本康子理事長(60)に認知症患者家族に役立つケアの要点を聞いた。

 -1時間前に食べた昼食のことを忘れたり、子どもの顔がわからなかったり、徘徊したり、家族に突然、当た…

この記事は有料記事です。

残り2923文字(全文3134文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  4. 鹿児島高1自殺 「かばんに納豆巻き、いじめあった」認定
  5. 横審、白鵬の三本締めに違和感 「一力士としてやれる立場か」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです