防災訓練

ペットも避難 臨時動物救護病院で模擬診察も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
臨時動物救護病院で獣医師(左)から模擬診察を受ける小型犬=静岡県三島市川原ヶ谷の山田中学校で、2017年8月27日、垂水友里香撮影
臨時動物救護病院で獣医師(左)から模擬診察を受ける小型犬=静岡県三島市川原ヶ谷の山田中学校で、2017年8月27日、垂水友里香撮影

 静岡県三島市は27日、市立山田中学校で市総合防災訓練を開き、ペット連れ避難者向け訓練もした。小型犬を連れた飼い主ら十数人が避難所で暮らすため犬をケージに入れる訓練をし、会場に設置された臨時動物救護病院で獣医師が模擬診察をした。

 県は2015年「災害時における愛玩動物対策行動指針」を策定し、ペット連れで避難できるよう市町に協力を求めた。豊岡武士…

この記事は有料記事です。

残り260文字(全文433文字)

あわせて読みたい

注目の特集