美濃加茂高

「反省足りない」100mダッシュ100本超

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

硬式野球部2年、熱中症で救急搬送 コーチを無期限指導停止

 岐阜県美濃加茂市の私立美濃加茂高校で、硬式野球部の2年生の男子生徒(16)が、部活動で長時間走り込みをさせられ、重度の熱中症で救急搬送されていたことが、学校への取材で分かった。非常勤講師の男性コーチ(26)がこの生徒に100メートルダッシュを100本以上させていた。

 同校の船戸宙治教頭によると、生徒は今月16日、コーチから100メートルダッシュを100本、さらに追加として30本を走るよう指示された。午後1時から4時20分ごろまで走り、意識がもうろうとした状態で倒れた。

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文590文字)

あわせて読みたい

注目の特集