メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

水難事故

岐阜でウナギ漁の男性死亡

 東海地方でも三重、岐阜両県で水難事故が相次ぎ、男子高校生を含む2人が死亡、1人が重体となった。

 27日午前10時25分ごろ、三重県志摩市阿児町国府の海水浴場で近くの高校2年、小田伊風季(いぶき)さん(17)が沖合約40メートルの海底に沈んでいるのに友人らが気付き、監視員が119番した。友人らに救助され、病院に運ばれたが、午後9時ごろ死亡した。

 県警鳥羽署によると、小田さんは友人2人と訪れた。遊泳区域内を沖に向かって泳いだ後、岸へ引き返す途中、先を泳いでいた友人らが振り返ると沈んでいたという。溺れた地点は当時深さ約2メートルだったという。

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 法人税と所得税の不公平是正で消費減税はできる

  2. ORICON NEWS Sexy Zone、2年半ぶり5人でライブ 松島聡が久々の“鼻の下投げキッス”

  3. 大阪市4分割コスト試算「捏造」 市財政局 2日で一変、謝罪 市長面談後

  4. 九州の温泉地、更なる落ち込みにおびえ「いつまで持ちこたえられるか分からない」

  5. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです