メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新本屋道

キラリの一店/5止 ブックスキューブリック(福岡市中央区、同市東区) 「棚を耕す」身上

選び抜かれた本が詰まった空間は書斎のようだ。店主の大井実さん=鶴谷真撮影

 「ばかなことはおやめなさい」と老舗書店の店長に説得されたという。大井実さん(56)が福岡市で、素人同然ながら本屋を開く準備をしていた頃だ。大型書店チェーンが激戦を繰り広げていた2001年、39歳で同市中央区のけやき通りに約50平方メートルの小さな「ブックスキューブリック」を開店。店名は伝説的な映画「2001年宇宙の旅」の監督、スタンリー・キューブリックから拝借した。

 文学など芸術、政治経済、人文・自然科学。食や旅。硬軟の雑誌。小遣いを握りしめる小学生のために『コロコロコミック』も。小さくとも総合書店だ。厚さ4センチの重厚な杉の床をコツコツ鳴らしつつ棚を眺めれば、神髄が分かってくる。大井さんは取次(本の問屋)の配本に頼らず、本を厳選している。忙しいお客が大型書店で右往左往する手間の代行だ。さらに単行本や文庫本、雑誌といった本の形を問わずにゾーン分けする。客はま…

この記事は有料記事です。

残り1001文字(全文1386文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 大雨、岐阜で大きな被害 長良川鵜飼いの警備船2隻流出 9日も大雨の恐れ

  3. 「仁義を切ってきたのか」山尾氏入党、国民党内に警戒感 立憲も「合流協議」影響懸念

  4. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  5. 浅間山 小規模噴火の可能性 気象庁事務所「大きな噴石や火砕流に警戒を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです