特集

LGBT 私らしく生きる

性別にとらわれず自分らしく生きるために、声を上げる人たちが増えてきました。LGBTはレズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシャル(B)、トランスジェンダー(T)の頭文字をとった性的少数者を表す言葉です。誰もが私らしく生きることを認め合える社会を目指して、動き始めた人たちを取材していきます。

特集一覧

LGBTを生きる

性的少数者 第3部/5 ゲイカップル・立崎聖也さん(28)と稲垣晃平さん(25) /埼玉

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

挙式で仲間に勇気与え 二人で社会や制度変革へ声

 昨年10月、さいたま市の結婚式場で一組のカップルが結婚式を挙げた。二人そろって純白のタキシードを着た立崎聖也さん(28)と稲垣晃平さん(25)にとって、新たな人生のスタートだった。

 この式場ではこれまで数組のLGBTのカップルが挙式をしたが、いずれも参列者はいなかったという。だが、二人の式には両家の家族ら約30人が出席した。「永遠の愛を誓い、これほどうれしいことはない。心温まる家庭を築きます」。2人の言葉に続き、指輪の交換、そしてキス……。祝福の声が式場にこだました。

 披露宴には会社の同僚や学生時代の友人のほか、ゲイ(男性同性愛者)仲間なども顔を見せた。両家の母親は「一生仲良くしてくれることが、親にとって最高の幸せ」と口をそろえた。

この記事は有料記事です。

残り894文字(全文1238文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

次に読みたい

関連する特集・連載など

あわせて読みたい

注目の特集