市立甲府病院

鼻の手術で医療ミス 今年4件目、賠償金1300万円支払う /山梨

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 甲府市は28日、市立甲府病院で2014年、患者の血管を傷付ける医療ミスがあり、賠償金約1300万円を支払ったと発表した。同病院で医療ミスが明らかになるのは今年4件目。樋口雄一市長は定例会見で「ミスは1件でもあってはいけない。病院側には再発防止を徹底するよう指導した」と謝罪した。

 市によると、患者は中央市の40代男性。副鼻腔(びくう)炎の手術で鼻から内視鏡を入れる…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

あわせて読みたい

注目の特集