メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

なかまちアートネッツ展

鳥羽市街地に活気を 商店と美大生協力 来月3日まで /三重

アートネッツ展を開いているリンダ・デニス准教授(前列左端)と学生ら=鳥羽大庄屋かどやで

 鳥羽市の市民グループ「鳥羽なかまち会」の商店主と、女子美術大学相模原キャンパス(神奈川)で学ぶ学生らがタイアップして制作した美術作品を展示する「鳥羽なかまちアートネッツ展」が、鳥羽市鳥羽3、4の中心市街地で開かれている。空き店舗が目立つ市街地ににぎわいを取り戻すのが狙いで、絵画やガラス工芸などの作品が商店や観光交流施設「鳥羽大庄屋かどや」、寺院などに展示されている。9月3日まで。

 漁網を使い「つながり」を表現した制作活動に取り組む、女子美術大学のオーストラリア人准教授、リンダ・…

この記事は有料記事です。

残り398文字(全文640文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 被災者に配って騒動になったが…実は飲める「賞味期限切れの水」

  5. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです