メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

オオミズナギドリ

府鳥、繁殖に陰り? 舞鶴・冠島で生態調査 /京都

 舞鶴市沖の無人島・冠島で府鳥オオミズナギドリの生態を調査している冠島調査研究会は28日、今年度第2回(25~28日)の調査結果を発表した。

 オオミズナギドリは6月中ごろに巣穴で産卵し、8月初、中旬にふ化する。10メートル四方の範囲の土地をサンプルにいくつ巣があるかの調査では、昨年同時期とほぼ同じ53個が確認されたがいずれも浅めで、無人センサーカメラでの撮影でもひなの姿は無かったという。ドブネズミ、アオダイショウといった天敵も少なく、巣穴を掘り返すイノシシの姿も見えなかっ…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文595文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです