北朝鮮

「核実験の準備完了」 韓国分析、北東部の坑道

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ソウル米村耕一】韓国の情報機関、国家情報院(国情院)は28日、北朝鮮北東部豊渓里(プンゲリ)にある核実験場の坑道で核実験の準備が完了しているとの分析結果を明らかにした。また、31日までの米韓合同軍事演習の期間中か来月9日の建国記念日に合わせて弾道ミサイルを発射する可能性があるとも指摘した。

 非公開の国会情報委員会で報告し、出席した国会議員が韓国メディアに明らかにした。

 核実験場では二つの坑道で準備ができているほか、もう一つの坑道でも4月以降、準備の動きが確認されているという。米ジョンズ・ホプキンズ大の北朝鮮分析サイト「38ノース」も7月末に商業衛星写真に基づき、核実験を実施できる態勢が維持されているとの分析を発表している。

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文553文字)

あわせて読みたい

注目の特集