メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース解説

田畑一つで発電と農業=尾中香尚里(オピニオングループ)

稲の生育に満足げな斎藤広幸さん。水田でのソーラーシェアリングの実例はまだ少ない=福島県川俣町で、尾中香尚里撮影

注目高まるソーラーシェアリング 4年で認可1000件、短い転用期間が課題

 同じ農地を使って営農と太陽光発電を同時に行う取り組み「ソーラーシェアリング」が注目されている。東京電力福島第1原発事故を機に再生可能エネルギーへの関心が高まったことを受け、農林水産省が規制を緩和した。売電による安定収入が得られるため、農家の収入が増える。農業再生への光明と期待されるが、本格的な普及には課題も多い。

 JR福島駅から車で南東に約30分。福島県川俣町に斎藤広幸さん(50)の水田を訪ねた。青々と茂る稲の…

この記事は有料記事です。

残り3006文字(全文3250文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共働き 日本の母親「仕事と家庭のバランス」満足度が最低
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 感謝状 警察犬ヨルト号、行方不明の男性を救う 富山
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです