メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

「ポジティブニュース担当」辞任 トランプ氏称賛報道を収集

 【ワシントン高本耕太】スタッフの「退任ドミノ現象」が続く米ホワイトハウスで、トランプ政権に関する「ポジティブニュース(肯定的・好意的な報道)」の収集を担当していた職員が辞任していたと米メディアが報じた。広報チーム(即応担当)のアンドリュー・ヘミング氏で、集めた記事やニュース要旨を、世論形成に影響力を持つ有力記者や評論家ら1000人超にメールで配信するのが主な業務だったという。

     政治メディア・ポリティコなどが伝えた。ヘミング氏は共和党全国委員会勤務などを経て政権入り。日々の新聞、ニュース番組、ツイッターのチェックが担当だった。今月21日に辞任したという。辞任の理由は明らかにされていないが、ポリティコは、主要メディアを「フェイク(偽)ニュース」と敵視し大量の批判的な報道にさらされているトランプ大統領の下でのヘミング氏の任務を「沈没する船から茶わんで水をかき出す行為」と批評していた。

     一方、映像・ネットメディアのバイス・ニュースは、トランプ氏が1日2回、自身に関するポジティブニュースの報告を受けていると報じている。好意的な報道などを集めたファイルがトランプ氏の机に届けられるという。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    3. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです