米国

「ポジティブニュース担当」辞任 トランプ氏称賛報道を収集

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 【ワシントン高本耕太】スタッフの「退任ドミノ現象」が続く米ホワイトハウスで、トランプ政権に関する「ポジティブニュース(肯定的・好意的な報道)」の収集を担当していた職員が辞任していたと米メディアが報じた。広報チーム(即応担当)のアンドリュー・ヘミング氏で、集めた記事やニュース要旨を、世論形成に影響力を持つ有力記者や評論家ら1000人超にメールで配信するのが主な業務だったという。

 政治メディア・ポリティコなどが伝えた。ヘミング氏は共和党全国委員会勤務などを経て政権入り。日々の新聞、ニュース番組、ツイッターのチェックが担当だった。今月21日に辞任したという。辞任の理由は明らかにされていないが、ポリティコは、主要メディアを「フェイク(偽)ニュース」と敵視し大量の批判的な報道にさらされているトランプ大統領の下でのヘミング氏の任務を「沈没する船から茶わんで水をかき出す行為」と批評…

この記事は有料記事です。

残り106文字(全文496文字)

あわせて読みたい

注目の特集