メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
雨のち晴れ

海外で語学力のなさ痛感 三井物産社長・安永竜夫さん

三井物産の安永竜夫社長=東京都千代田区で2017年6月15日午前11時23分、小川祐希撮影

修羅場をくぐり自信

 若い頃の最大の悩みは語学力でした。海外に出たいという念願がかなって台湾への語学留学が許されましたが、上司から「食う、寝る、動くの三つでいい。あとは英語で仕事ができる」と言われ、普通は1年のところを3カ月で帰国命令が出ました。「食う、寝る、動く」とはレストランでの注文、宿や車、飛行機の手配に必要な、最低限の語学力という意味です。

 ところが帰国直後に北京出張を命じられ、上司と中国人の取引先との間の通訳をさせられました。取引先は英…

この記事は有料記事です。

残り985文字(全文1209文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです