メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

肝がん

治療費軽減 ウイルス性由来 月1万円負担に 来年度

 ウイルス性肝炎が悪化して肝がんになった患者に対し、厚生労働省は2018年度、治療費の自己負担額を月1万円に軽減する助成制度を始める。28日、厚労省が患者団体側に明らかにした。入院治療が長期に及ぶことなどが要件で、厚労省は患者約10万人のうち対象者は1万人程度と試算している。

 ウイルス性肝炎は、注射針の使い回しや血液製剤などでB型やC型の肝炎ウイルスに感染して発症する。感染者は300万人に上…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文493文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 東大阪で新成人ら20人クラスター 成人式後に会食の2グループ 新型コロナ

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. バイデン大統領が直面する困難な戦い 「事実を重んじる社会の再生」

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです