メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

罹災証明書

発行、迅速に 家屋被災、写真で判定 内閣府方針

 災害時の罹災(りさい)証明書の発行を迅速化するため、内閣府は、家屋の全壊などを判定する被害認定手続きを簡素化する方針を固めた。現在は自治体職員らが1軒ずつ現地調査をするのが原則だが、写真だけで被災状況を判定する方法も併用し、事務作業の効率化や職員の負担軽減につなげる。【金森崇之】

 罹災証明書は、仮設住宅への入居や被災者生活再建支援金の申請に必要な書類で、自治体が行う被害認定を…

この記事は有料記事です。

残り286文字(全文476文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ゾウの死骸に大量のプラごみ タイ当局解剖、消化器官に詰まり出血か

  2. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

  3. 首相を不祥事から守れば出世できるのか 太田主計局長の財務次官内定で感じた「既視感」

  4. 大阪モデル黄信号 吉村知事「ピンポイントの戦略打つ」 「夜の街」対策を徹底 休校や施設休業は求めず

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです