メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウチの教授

@大学 ウチの教授 奈良大 三木理史さん

三木理史さん

満鉄の謎 解明を

 戦前日本のかいらい政権とされる満州国(現中国東北部)で鉄道事業のほかに都市開発、港湾・炭鉱経営などを担った南満州鉄道(満鉄)。旧日本軍(関東軍)が主体となった満州経営の中核として、いまだベールに包まれたままである満鉄の輸送実態の解明に着手して、18年目になる。

 研究の軸はおよそ隔年で現地に通うフィールドワーク。米国、日本の文献と照合し、鉄道構造物の痕跡の調査から満鉄が果たした役割を読み解く。しかし中国に残る資料の閲覧は難しく、正確な地形図の入手も困難…

この記事は有料記事です。

残り355文字(全文591文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  2. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  3. 健康食品か医薬品か 駄菓子かおまけ付きか…軽減税率、対応に苦心

  4. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです