メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

遠い復興

東日本大震災6年半 石巻・開成仮設から/中 「ペットと一緒」譲れず

引っ越し前に移転先のプレハブ仮設住宅を訪れた相沢智美さん。仮の宿といった感じの壁や配線を見ながら「また仮設に引っ越すなんて、思わなかった」と漏らした=宮城県石巻市で2017年8月5日午前11時26分、百武信幸撮影

 霧雨が降る8月上旬の昼下がり。飲食店勤務の相沢智美さん(34)は6年2カ月暮らした仮設開成住宅団地(宮城県石巻市)の部屋の鍵を市職員に引き渡した。くすんだ壁を前に「こんなに長く住むとは思わなかった」とつぶやいた。災害公営住宅(復興住宅)の抽選に当選しないまま、入居者の減った仮設を集約する市の政策に伴い、2日前に別の地区の仮設に移った。

 被災者のニーズに合った復興住宅が見つからず、仮設暮らしが長期化するケースがある。聞けばそれぞれに、…

この記事は有料記事です。

残り1075文字(全文1294文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 加害者更生 ストーカー治療2割 大半が受診拒否
  2. 松尾貴史のちょっと違和感 新潟女児殺害 2次被害に無神経なメディア
  3. 安倍首相 観閲式視察 中国、北朝鮮をけん制
  4. 介護 人手不足続く 需要高まるも負担増で悪循環に
  5. 故郷遥か 川口のクルド人 第3部/1 来日16年、入管収容の女性 「日本にいさせて」 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]