盲導犬

声かけ「ありがとう」 使用者の会がシール配布

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 全日本盲導犬使用者の会は、盲導犬を連れた目の不自由な人に声をかけてくれた場合、感謝の気持ちを込めてシールを渡す「ありがとう運動」を28日から始めた。同会の郡司ななえ会長(72)は「盲導犬使用者の安心・安全や、誰にでも優しい社会へとつながっていけば」と話している。

 盲導犬使用者の痛ましい事故が相次いでいることが、運動の発端になった。徳島市では一昨年、全盲男性と盲導犬が、警報音を鳴らさずに後退して…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

あわせて読みたい

ニュース特集