メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮ミサイル

2700キロ飛行 最高高度は550キロ

日本上空を通過した北朝鮮の弾道ミサイルについて説明する菅義偉官房長官=首相官邸で2017年8月29日午前9時、佐々木順一撮影

 菅義偉官房長官は29日午前、北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けた同日2回目の緊急記者会見を行い、ミサイルの飛行距離は約2700キロ、最高高度は約550キロとの推定を明らかにした。

 また、ミサイルは日本海上空で三つに分離した可能性があるとの分析を明らかにする一方、同一地点に落下したかについては明言を避けた。

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシング 村田、進退明らかにせず 敗戦後、睡眠30分
  2. サウジ記者死亡 したたかトルコ、サウジ「隠蔽」突き崩す
  3. トランプ政権 トランスジェンダー排除を検討…米紙報道
  4. 電柱ワイヤ激突 バイク男性、上半身切断 山陽電鉄線路に
  5. プリンセス駅伝 ワコールが1位 三井住友海上は途中棄権

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです