メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

北朝鮮ミサイル

米、圧力高める方針

 【ワシントン会川晴之】北朝鮮の弾道ミサイルが29日、日本上空を飛行したことを受け、トランプ米政権は、同盟国の日韓両国と緊密に連携を保って安全保障態勢の強化に取り組むほか、国連安全保障理事会で新たな制裁決議採択を目指すなど、北朝鮮への圧力を高める方針だ。

 トランプ政権は、北朝鮮が7月に米本土を射程内に収める大陸間弾道ミサイル(ICBM)2発を発射したほか、8月には米領土のグアム周辺海域にミサイルを撃ち込む構えを見せたことに激しく反発。トランプ氏は8日に「世界が見たことがないような砲火と激しい怒…

この記事は有料記事です。

残り375文字(全文624文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大阪府立高3校が臨時休校 コロナ感染確認で初の措置 教職員と生徒計2人

  2. 自宅で腹から出血、24歳会社員女性死亡 殺人の疑い 兵庫・姫路

  3. 埼玉で新たに34人感染確認 新型コロナ

  4. 俳優・榊原徹士さんコロナ感染 山本裕典さんらと同じ舞台に出演

  5. なぜ首相は「痛感」した責任を取らない? 安倍流処世術、軽さの原点

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです