学テ

下位県、全国との差縮小 政令市で正答率高い傾向

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
全国学力テストに臨む小学6年生=東京都内の小学校で2017年4月18日、小出洋平撮影
全国学力テストに臨む小学6年生=東京都内の小学校で2017年4月18日、小出洋平撮影

初の政令市別の結果も

 文部科学省は28日、今年度で10回目となった全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)の結果を公表した。10年前の1回目と比べ、下位3県の平均正答率は小中学校各2教科、計8種類の問題のうち7種類で全国平均との差が縮小した。今回は初めて20ある政令市別の結果も示した。仙台やさいたまなど10市で、8種類全ての平均正答率が所在道府県(政令市分除く)の数値と同じか上回り、正答率が高い傾向が浮き彫りになった。

 学テは今年4月、全国公立と、希望する私立(参加率49%)の小中学校計約3万校に在籍する小学6年と中学3年の約212万人を対象に実施した。今回は国語と算数・数学の2教科で、それぞれ基礎知識を問うA問題と応用力を測るB問題が出された。

この記事は有料記事です。

残り434文字(全文761文字)

あわせて読みたい

注目の特集