メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝霞少女誘拐

判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける

寺内樺風被告=垂水友里香撮影

 埼玉県朝霞市で2014年に行方不明になった当時中学1年の少女が約2年後に保護された事件で、さいたま地裁(松原里美裁判長)は29日、未成年者誘拐と監禁致傷などの罪に問われた寺内樺風(かぶ)被告(25)に判決を言い渡す予定だったが、寺内被告が開廷後に奇声を発するなど混乱したため、松原裁判長は公判の延期を決めた。次回期日は未定。

 判決公判は午前10時半に開廷したが、寺内被告は、奇声や「イエス、イエス」など意味不明の言葉を発しながら入廷。人定質問で松原裁判長から名前などを聞かれると、「オオタニケンジ、年齢は16歳です」「現住所は群馬県高崎市のオートレース場。職業は森の妖精でございます」などと説明。松原裁判長が「私が言っていることが分かりますか」と尋ねると「日本語が分かりません」などと話したため、松原裁判長は「少し落ち着きましょう」と言い、休廷を言い渡した。

 これまでの公判では、弁護側の請求により裁判所が被告の精神鑑定を実施。相手の感情を感じ取ったり自分の行動の不適切さを理解したりすることが苦手な発達障害「自閉スペクトラム症」の傾向にあったとの鑑定結果が出たことから、責任能力の程度が主な争点だった。

 検察側は「自閉スペクトラム症の傾向にあるが、自身の欲望に従って犯行に及んだ。インターネットで中学校を物色して少女を追尾するなど、計画的かつ巧妙な犯行だ」として、完全責任能力が認められると主張。弁護側は、被告が事件までに統合失調症を発病していたなどとし「責任能力は限定的だ」と主張していた。

 起訴状などによると、寺内被告は14年3月10日、少女に声をかけて車に乗せ、千葉市稲毛区の当時の自宅に誘拐。昨年3月まで同区と東京都中野区の自宅に少女を監禁し、重度の心的外傷後ストレス障害(PTSD)を負わせるなどした。【内田幸一、遠藤大志】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 し尿処理できず「水や食事我慢」 愛媛・大洲
  2. ロシアW杯 決勝に水を差す愚行 男女4人が乱入
  3. ケンタッキー フライドチキン食べ放題 20日から
  4. 将棋 藤井七段、今泉四段に敗れる NHK杯1回戦
  5. 飲酒運転 容疑でトヨタ社員を逮捕 車が横転、同乗者軽傷

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]