メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

朝霞少女誘拐

判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける

寺内樺風被告=垂水友里香撮影

 埼玉県朝霞市で2014年に行方不明になった当時中学1年の少女が約2年後に保護された事件で、さいたま地裁(松原里美裁判長)は29日、未成年者誘拐と監禁致傷などの罪に問われた寺内樺風(かぶ)被告(25)に判決を言い渡す予定だったが、寺内被告が開廷後に奇声を発するなど混乱したため、松原裁判長は公判の延期を決めた。次回期日は未定。

 判決公判は午前10時半に開廷したが、寺内被告は、奇声や「イエス、イエス」など意味不明の言葉を発しな…

この記事は有料記事です。

残り556文字(全文769文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 私立岩田中 体育で倒れ3年生死亡 遺族と学校、県庁で協議 第三者交え再調査へ /大分
  2. 「次世代加速器」誘致支持せず 日本学術会議
  3. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  4. 東山動植物園 逃亡のニシキヘビ、成長して戻る
  5. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです