ヒアリ

静岡県内、初確認 清水港で101匹

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
静岡県の清水港で見つかったヒアリ=寺山守・東京大学講師提供
静岡県の清水港で見つかったヒアリ=寺山守・東京大学講師提供

 静岡市清水区の清水港で今月21日に外来種とみられるアリ100匹以上が見つかった問題で、県は28日、強い毒性を持つ特定外来生物「ヒアリ」が含まれていたと発表した。県内でヒアリが見つかったのは初めて。県によると、港外に拡散はしていないとみられる。女王アリも現時点で見つかっていない。

 県によると、ヒアリが見つかったのは新興津コンテナターミナル内。環境省が中国や台湾などからの定期コンテナ航路がある全国68の湾港を対象に行った一斉調査で、同港に今月18日に設置した捕獲用トラップに入っていたほか、周辺からも見つかった。トラップ100個のうち5個や周辺から回収されたアリを専門機関が分析し、101匹がヒ…

この記事は有料記事です。

残り448文字(全文746文字)

あわせて読みたい

注目の特集