長時間労働抑制策

政府、運転業検討 トラック輸送力強化

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 政府は28日、働き方改革後も残業時間の上限規制の例外となる自動車運転業務について、今後1年半で実施する長時間労働抑制策をまとめた。荷台を連結したトラックの導入を促進し、運転手の第2種免許の受験資格の見直しを検討する。

 国土交通省は、荷台を二つ連結して輸送力が2倍に増えるトラックの導入のため、車両の長さ規制を緩和する。上りと下りの長距離バスが中間地点で運転手を…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

あわせて読みたい

注目の特集