海自ヘリ墜落

現場海域に複数破片 3人の捜索続く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
青森県沖で墜落したとみられる哨戒ヘリコプターSH60J=2014年1月撮影(海上自衛隊提供)
青森県沖で墜落したとみられる哨戒ヘリコプターSH60J=2014年1月撮影(海上自衛隊提供)

 海上自衛隊の哨戒ヘリコプターSH60Jが青森沖で消息を絶ち、3人が行方不明になった事故で、海自は28日、同ヘリのメインローター(主回転翼)などの一部とみられる複数の破片が現場周辺で新たに発見されたことを明らかにした。3人の行方は分かっておらず、海自などの艦艇や航空機が周辺海域の捜索を続けている。

 海自によると、SH60Jが消息を絶った海域の…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文430文字)

あわせて読みたい

注目の特集