メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学テ

大都市、塾で長く勉強 「高所得層、成績けん引」

全国学力テストに臨む小学6年生=東京都内の小学校で2017年4月18日、小出洋平撮影

 全国学力・学習状況調査(全国学力テスト)で今回初めて公表された政令市別の公立校の結果で、所在する道府県よりも平均正答率が高い傾向が明らかになった。文部科学省によると、大都市(東京23区と政令市)ほど学校以外で長時間勉強する児童・生徒の割合が高くなるという。所得の多い都市部では学習塾に通わせる世帯が多くなり、正答率を押し上げていると指摘する専門家もいる。

 20ある政令市のうち、札幌▽仙台▽さいたま▽千葉▽横浜▽川崎▽新潟▽静岡▽福岡▽熊本--の10市が…

この記事は有料記事です。

残り671文字(全文899文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  2. 教諭が女子中学生にわいせつ 陸上部の合宿中、発覚後に行方不明 兵庫

  3. 女子高校生、フェリーから飛び降り死亡 家族から不明届、警察官が保護し同行中

  4. わずか20分の間に…両親が当日の経緯を公表 山梨女児不明

  5. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです