メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

 高齢者だから言えることがある。2017年度当初予算の社会保障費の割合は約33%。その8割がたは年金、医療、介護に使われる。つまり高齢者がかなりの国費を使っているのだ。若者の教育費と科学振興費はたった5・5%だ。

 経済産業省の次官と若手が今年5月に「不安な個人、立ちすくむ国家-モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか」という提言を出した。世界で初めて極端な少子高齢化に突入する日本では、国家予算の配分があまりに偏り、彼らは未来に危機感を抱いている。

 この提言は価値観と発想の転換を促している。高齢者の状況はさまざまだが、年齢で一律に高齢者=弱者とし…

この記事は有料記事です。

残り500文字(全文774文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ
  2. 小堺一機さん、現金や300万円高級腕時計など窃盗被害 韓国籍の被告再逮捕
  3. 見知らぬ男に傘で目突かれる 目黒駅前で 男性失明の恐れ 警視庁捜査
  4. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか
  5. 1人の女性に狙いか 福岡・粕屋死体遺棄事件容疑者 勤務先「まさか」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです