メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

展覧会

アジア回廊 現代美術展 世界遺産背景に快作=評・永田晶子

蔡国強「盆栽の舟:東アジア文化都市:京都のためのプロジェクト」

 2014年に始まった日中韓の文化交流事業「東アジア文化都市」。中核の現代美術展が京都市の世界遺産二条城と京都芸術センターの2会場で開催中だ。参加作家は日本13、中国5、韓国6、混成1の計25組。

 徳川家康が築き、今年150周年になる大政奉還の舞台となった二条城は、場所自体が感慨を呼ぶ歴史の磁場と言える。本展では通常非公開の「台所」を屋内展示に使い、城域を回遊できるように作品を庭や堀、櫓(やぐら)に配置。重厚な背景に力負けしない快作が多い。

 野外では中国出身の蔡国強氏の“盆栽の舟”が目を引く。松の木を生やし石で持ち上げられた木造舟は、時の…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文677文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  3. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです