メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

大阪発祥「無名職人による庶民芸術」 鮮やかに息づく堺の「注染」

乾燥中のさらし木綿の前で注染について語る小松隆雄さん=大阪府堺市中区の協和染晒工場で、高尾具成撮影

 鮮やかなさらし木綿が風に翻り、ほんのりと染料の香りを運んでくる。手拭いや浴衣などに用いられる大阪発祥の染色技法「注染(ちゅうせん)」で彩られた逸品だ。全国でも数少なくなった注染を今に伝える堺市の現場を訪ねた。【高尾具成】

手拭いも伝統工芸に

 堺は大消費地の大阪と木綿の生産地だった泉州との中間に位置し、水資源が豊かな石津川があったことから、戦後、晒(さらし)や染色が盛んになった。石津川沿いにある堺市中区の毛穴地区は、最盛期には50軒以上の「染屋」が密集していた。現在は数軒となったが、全国から注文が相次ぐ。

 1952年創業の協和染晒(そめさらし)工場前には、さらし木綿が揺れていた。工場内に入ると、汗を浮か…

この記事は有料記事です。

残り1371文字(全文1675文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 大きな虹 福岡の空に
  4. ORICON NEWS Hey! Say! JUMP、全国ツアー開催を見送り 一部ファンの迷惑行為の影響
  5. 大阪女児不明 友梨さんの父が手記公表「些細な情報でも」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです