メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

リスタート

タカギ北九州・女子ソフト/下 プレーできる幸せ クラブの苦労経て実感

 「脱企業チーム」。女子ソフトボールの「東芝北九州」が解散となった後、選手たちが出した答えだった。一企業ではなく多くの企業や個人にスポンサーになってもらい、クラブチームとして存続する道を選んだ。2013年の年明け、東芝北九州でプレーしていた6人を中心に「CLUB北九州」が発足した。

 しかし、生活は一変した。東芝時代は仕事を終えた昼過ぎから練習していたが、午後6時半ごろから練習する生活に変わった。選手の仕事は老人ホームでの介護や保険外交員などバラバラで、パートや派遣と生活も不安定になった。精神障害者の就労支援をしていた原田明香・監督兼選手(34)の収入も激減し、「振り返ると、東芝時代は愚痴ばかり言って甘えていた。もっとソフトボールに向き合えたんじゃないか」と気付か…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文839文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「GoTo」反対署名、5日間で9万人超 「その予算を医療現場や被災地に」

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 丸岡いずみさん、コロナ陽性で入院 夫の有村昆さんがクラスター発生の劇場で感染

  4. 政権がGoToを強行する理由 アクセルとブレーキ同時に踏む「むちゃ」

  5. 稲田氏ピンチ リベラル色の女性政策に保守派から「ついていけない」の声

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです