メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

社告

「浅井忠の京都遺産」来月9日から 明治日本洋画壇の先駆者の業績を紹介 東京・六本木 泉屋博古館分館 /東京

 特別展「浅井忠の京都遺産」(毎日新聞社など主催)を東京・六本木の泉屋博古館分館で9月9日から開催します。明治日本の洋画壇の先駆者、浅井忠。関西洋画壇の発展にも尽くした浅井の業績を、住友家ゆかりの品々と併せて紹介します。会期中さまざまなイベントを行います。

     ◆京都工芸繊維大学美術工芸資料館館長・並木誠士氏の講演会「浅井忠とデザイン教育の夜明け」9月9日(土)15~16時。浅井忠ら画壇の指導者が選んだ「教材」を通じて、彼らの思想を探ります。

     ◆同館学芸員・和田積希氏のゲストトーク。9月23日(土)15~16時。歴史的見地から、浅井の図案資料について解説します。

     会期中のほかのイベントなど詳しくは公式ホームページ(HP)で。すべて予約不要ですが入館券が必要です。

     <入館料>一般800円▽高大生600円▽中学生以下無料。

     <問い合わせ>ハローダイヤル03・5777・8600。公式HP=http://www.sen-oku.or.jp/tokyo/

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 厚労省 飛び降りなど…インフルエンザの異常行動に注意 
    2. ORICON NEWS 戸田恵子、鶴ひろみさんしのぶ「とにかく悲しい」 “3日前”の約束「いつか守れたら」
    3. 読みトク!経済 サラリーマン1年生・なるほドリーマン君 所得税控除、見直し必要?=回答・中島和哉
    4. 森友 籠池氏、勾留4カ月 保育園などの対応できず焦りも
    5. 森友 「破棄した」答弁の佐川長官 国税内部も批判

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]