北朝鮮ミサイル

情報送信不具合相次ぐ 交通機関に乱れも /新潟

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
25分ほど遅れて到着した新幹線から足早に降りる人たち=JR新潟駅で
25分ほど遅れて到着した新幹線から足早に降りる人たち=JR新潟駅で

 北朝鮮の弾道ミサイルが北海道上空を通過した29日、県内でもミサイルによる全国瞬時警報システム(Jアラート)が初めて発動し、各自治体が早朝から対応に追われた。落下物などの被害は確認されなかったものの、誤って訓練用の緊急情報メールが送信されたり、ミサイル発射を知らせる防災行政無線が流れなかったりと不具合が相次いだ。【南茂芽育、井口彩】

 午前9時、県庁では部局長ら幹部が集まり情報連絡室会議を開催。福島県沖で操業していた県の巻き網漁船らに影響がなかったことなどが報告された。県警も警備2課内に「北朝鮮による弾道ミサイル発射に伴う警備対策室」を設置。落下物がないか各署が情報収集したが、被害は確認されなかったという。

この記事は有料記事です。

残り1159文字(全文1465文字)

あわせて読みたい

ニュース特集