メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

現場から・ひょうご

ロシア人捕虜の「赤かぶら」 「ビーツ」復活へ栽培 /兵庫

姫路俘虜収容所紀念写真帖に残されたロシア人捕虜らの写真。買い物途中とみられる=北海道大学スラブ・ユーラシア研究センター所蔵

 「捕虜の蒔(ま)いた、(赤)かぶらの花は三・四年ちょろちょろ咲いたが、もう消えてしもうて咲かん」--。約110年前の日露戦争中(1904~05年)、姫路市にロシア兵捕虜がいた。市教委によると、約2200人にも及ぶ。市川の河原でビーツとみられる「赤かぶら」を栽培したという口伝もある。この話を元に、「赤かぶらを特産品にしよう」と考えた市民らがビーツを栽培し、商品開発や普及に取り組みはじめた。【幸長由子】

 1904年、姫路市に国内で3番目のロシア兵俘虜(ふりょ)収容所が設置された。姫路市教委によると、旧陸軍の施設だけでなく播磨国総社や姫路船場別院本徳寺(船場御坊)など10カ所が収容所となった。旧軍は捕虜を人道的に扱う国際法に基づき、外出も許可。北海道大が所蔵する当時の写真には、姫路の商店で買い物したり、川で泳ぎ、観劇するロシア兵の姿が残されている。

この記事は有料記事です。

残り1278文字(全文1655文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 社民・福島党首「党大会すべきでない」 幹事長「招集済み」 立憲合流巡り混迷深まる

  2. NHK、総務省提案の受信料義務化に慎重姿勢 「支払いは視聴者理解のもと」

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  5. 「はじめの一歩」船田元 「イエス」だけで固めるなら学術会議の価値がなくなる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです