メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ハンセン病

金さんの部屋再現を 訴訟元原告、生き方伝えたい 生前交流の中高生、愛生園で遺品整理 /岡山

金泰九さん=2007年10月、石川勝義撮影

 昨年11月に90歳で死去したハンセン病国賠訴訟の元原告、金泰九(キムテグ)さんと長年交流のあった盈進(えいしん)中学・高校(広島県福山市)の生徒たちが今夏、国立ハンセン病療養所「長島愛生園」(瀬戸内市)に残された金さんの遺品を整理した。生徒たちは、入所者の暮らしぶりを知ってもらうため、遺品を生かして金さんの部屋を再現することを目指している。【竹田迅岐】

 金さんは1926年に韓国で生まれ、12歳で日本に渡った。戦後、大阪の大学在学中にハンセン病を発症。…

この記事は有料記事です。

残り1187文字(全文1415文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 西日本豪雨 最後の通話「やばい…」高3植木さん死亡確認
  2. 名古屋 「レゴランド」19日から入場料大幅値下げ
  3. レゴランド 隣接の商業施設苦戦 開業1年余で12店撤退
  4. 宮内庁 小室圭さんについて「婚約状態ではない」
  5. 第100回全国高校野球 南北埼玉大会 埼玉栄敗れる 浦学、花咲徳栄など8強 /埼玉

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]