メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊前市

獣肉処理施設建設へ ジビエ食材として出荷目指す /福岡

 豊前市は29日、今年度内にイノシシやシカといった有害鳥獣の獣肉処理施設を市内の市有地に建設する、と発表した。市によると、関東方面でジビエ料理の関心が高いといい、処理した食肉は、こうした料理の食材として出荷を目指す。施設が完成すれば、京築地域ではみやこ町についで2施設目。稼働は来年夏ごろを見込む。

イノシシやシカ害に対応

 市によると、豊前市内では特にシカによる…

この記事は有料記事です。

残り228文字(全文408文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風上陸翌日、自転車飲酒運転で警察から聴取→報告せず豪州出張 埼玉県の部長更迭

  2. 天皇陛下、宮中三殿に拝礼 即位の礼を行うことを祖先に報告

  3. 皇居近くの首都高でトレーラー炎上

  4. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  5. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです