メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

子ども議会

身近な課題考える夏休み まちの将来、子どもの目鋭く 中学生、平戸市長に医師確保など問う /長崎

平戸市議会の演壇に立って質問する女子中学生

 平戸市議会の議場で25日、「子ども議会」が開かれ、市内9中学校の生徒代表計18人が黒田成彦市長ら市幹部に医師確保やまちづくりなど、市が抱える課題について中学生の視点から質問した。黒田市長は「悩ましい問題に鋭く切り込まれた。応えられるよう解決に努力したい」と襟を正していた。

 生徒たちは市議会の辻賢治議長から1人ずつ議員…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 尾を引く丸山穂高議員の「戦争」発言 問題行動も次々 北海道内外で波紋
  2. JR北海道 猛暑で運休 レール変形の恐れ
  3. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  4. ORICON NEWS 岡田准一『白い巨塔』最終話15.2%の高視聴率で幕 5話平均は13.3%
  5. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです