宇佐市

法鏡寺廃寺跡を市民公園に 2億円で整備へ /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 宇佐市にある国指定史跡・法鏡寺廃寺跡を市民公園として整備するための予算案約1150万円が、29日開会した宇佐市議会の9月定例会に提出された。市は2022年度の完成を目指しており、総事業費は2億円と見込んでいる。

 市は市民公園を、宇佐神宮や郡衙(ぐんが)(古代の地方の役所)、巨大寺院がある古代都市--など宇佐の歴史が学べる空間にしたい考え。総面積約2万8000平方メートルのうち約2万5000平方メートルを整備して市内外の人が親しめる公園機能を持たせ、金堂や講堂跡に…

この記事は有料記事です。

残り351文字(全文585文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集