北朝鮮ミサイル

日本通過 飛行距離2700キロ 北海道・襟裳岬沖落下 「火星12」か

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
北朝鮮ミサイルの軌道イメージ
北朝鮮ミサイルの軌道イメージ

 北朝鮮は日本時間29日午前5時58分ごろ、平壌(ピョンヤン)・順安(スナン)付近から弾道ミサイル1発を発射した。ミサイルは北海道・渡島半島や襟裳岬の上空を通過し、岬の東約1180キロの太平洋上に落下した。防衛省は、5月14日に発射された新型中距離弾道ミサイル「火星12」と同じミサイルの可能性が高いと分析。ミサイルが分離したとの情報があり、複数弾頭を搭載できるミサイル開発を進めている疑いが浮上した。【秋山信一、遠藤修平】

この記事は有料記事です。

残り1467文字(全文1679文字)

あわせて読みたい

注目の特集