北朝鮮ミサイル

日本通過 緊急座談会

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
道下徳成氏
道下徳成氏

北朝鮮、巧妙に計算

 北朝鮮が29日、事前通告なしに発射した弾道ミサイルは北海道・襟裳岬の上空を通過して太平洋上に落下した。北朝鮮は今月、米領グアム沖への発射計画を検討していると警告していたが、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長がその後、「米国の行動や態度をしばらく見守る」と当面、見送る考えを示唆していた。今回、グアムを狙わず、北海道沖に向けてミサイルを発射した北朝鮮の意図、思惑は何か。北朝鮮情勢のさらなる緊迫化を回避するため、日本、米国を含め国際社会はどう対応すべきか。専門家に聞いた。【司会・海保真人論説委員、写真・藤井太郎】

この記事は有料記事です。

残り6043文字(全文6312文字)

あわせて読みたい

ニュース特集