メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

記者の目

夏の甲子園 最多の本塁打量産=安田光高(大阪運動部)

準決勝・天理戦の五回、1大会個人通算本塁打記録を塗り替える第6号を放った広陵の中村選手=阪神甲子園球場で22日、徳野仁子撮影

過度な打高投低を憂える

 花咲徳栄(埼玉)の初優勝で幕を閉じた第99回全国高校野球選手権大会では、大会通算68本の本塁打が放たれた。2006年の第88回大会の60本を塗り替える新記録。個人でも広陵(広島)の中村奨成選手が6本塁打を放ち、1985年の第67回大会で記録した清原和博氏(大阪・PL学園)の5本を上回った。「野球の華」と言われる本塁打だが、投手の安全面や負担を考えると手放しでは喜べない。来年の第100回大会を迎える前に、続出した本塁打について考えたい。

この記事は有料記事です。

残り1817文字(全文2048文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「チケット当選してるんですけど…」戸惑いのツイートも 五輪マラソン札幌検討

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「まさに青天のへきれき」 五輪マラソン札幌開催検討で小池知事

  4. マラソン・競歩会場変更 森会長「やむをえない」 現場の衝撃、費用膨張懸念も

  5. 札幌開催なら「オール北海道で整える」 五輪マラソン検討で知事

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです